白バイ事故、県が反訴へ 修理費求め「県警に過失ない」

西日本新聞 社会面 大坪 拓也

 福岡県警の白バイと衝突してけがをしたとして、60代女性が県警に損害賠償訴訟を起こしたことを受け、同県は25日、「県警に過失はなかった」とし、白バイの修理費など約40万円の支払いを求めて反訴すると発表した。

 県警によると、2017年5月、福岡市中央区で30代の男性警察官の白バイが対向してきた自転車の女性と正面衝突。女性は左の肋骨(ろっこつ)を折るなどのけがをし、白バイも一部損傷した。

 県警の保険会社は当初、県警側に8割の過失があるとして、治療費の一部の約105万円を支払った。その後、保険会社が白バイ搭載のドライブレコーダー映像を基に、女性の自転車が車の陰から突然飛び出していたことを確認したという。

 県は県警側の過失割合は「1~2割程度」とし、示談交渉したが決裂。女性は今年4月、治療費など約390万円を求め長崎地裁に提訴した。 (大坪拓也)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ