JR九州、「萬坊」を傘下に 呼子「いかしゅうまい」発祥

西日本新聞 一面 布谷 真基

 JR九州は25日、いかしゅうまい製造販売の「萬坊」(佐賀県唐津市)を12月16日付で子会社化すると発表した。いかしゅうまいのブランド力を生かし、JR九州グループが手掛ける小売りや飲食事業と相乗効果を生み出し、販路拡大などを図る。

 萬坊が実施する第三者割当増資をJR九州が全て引き受け、株式の95・7%を取得する。取得金額は非公表。

 萬坊は1977年9月に設立。83年に日本で最初の海中レストラン「海中魚処 萬坊」をオープンした。イカのすり身にタマネギや鶏卵などを加え練り込んだ「いかしゅうまい」発祥の店として知られ、持ち帰りメニューとして商品化。九州を代表する土産物に育て、呼子のイカの知名度を高めた。佐賀県内や福岡市、東京、大阪に計9店を展開し、2019年8月期の売上高は11億3300万円。

 JR九州は萬坊を傘下に迎え入れ、特産のイカを活用した新たな土産物の開発や新業態への進出を視野に入れる。唐津市街地まで筑肥線などが乗り入れ、福岡都市圏からもアクセスしやすく、呼子の観光振興にも力を入れる。 (布谷真基)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ