【★どうが★やさしい日本語】「インフルエンザ」が いつも より はやく ひろがりそう

西日本新聞

「インフルエンザ」は、せきや  (たか) い  (ねつ) が  () る  病気(びょうき) です。

いつもは12(がつ) から  () えて、1(つき) の  おわりごろ  いちばん  (おお) く  なります。

でも、今年(ことし) は、いつもより  (はや) く  () えています。

インフルエンザに  なった  (ひと) は、去年(きょねん) よりも  (おお) いです。

インフルエンザに  なったら、(しず) かに  (やす) みましょう。

(ちい) さな  () どもや  (とし) をとった  (ひと) は、特別(とくべつ) な  (くすり) を  () んだほうが  いいかも  しれません。

インフルエンザは、ほかの  (ひと) に  うつります。

うつらないように、マスクを  つけたほうが  いいです。

また、1(いちにち) (なん) (かい) () を  (あら) えば、インフルエンザ  になりにくいです。

病院(びょういん) の  先生(せんせい) は「たくさん  () て、きちんと  食事(しょくじ) をしましょう」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ