杉乃井ホテルが新棟着工 「自然と調和」洋室中心 開業予定は21年夏

西日本新聞 大分・日田玖珠版 稲田 二郎

 「別府温泉 杉乃井ホテル」(別府市)を運営するオリックス不動産(東京)は26日、ホテル敷地内で新たな客室棟の建設に着手した。2棟を新築し1棟を建て替える大規模リニューアルの第1弾で、着工した新棟は地上8階建て(155室)。2021年夏ごろに開業予定。

 新棟は、全天候型アミューズメントプール「アクアビート」の北西に建設。外観は別府の自然と調和したデザインとする。部屋は2人利用の洋室が中心で、料金は「気軽に利用できる価格帯」にする見込み。工事中もホテルは営業する。

 26日は現地で地鎮祭があり、神事を執り行い工事の無事を祈願した。オリックス不動産の似内隆晃副社長は「建物の老朽化が進み、建て替えを決めた。今まで以上に、家族3世代で楽しめるような温泉リゾートにしたい」と述べた。

 大規模リニューアルでは今後、別の新棟建設や建て替え、既存施設の取り壊しを順次進め、25年に完了する予定。総客室数は現在の647室から約700室となる。 (稲田二郎)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ