令和最初のお正月、縁起物作り始まる 太宰府天満宮

 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)で27日、新年の縁起物作りが始まった。みこ5人が、来年のえと「子(ね)」の絵馬や開運の矢、五色の福むすびなどの形を丁寧に整える作業に励んだ。縁起物は約9万個を用意する予定で、迎春準備は12月20日ごろまで続く。

 絵馬や置物、鈴は福岡市の人形師、中村弘峰さん(33)がデザインした。置物はネズミが赤い前掛けをして正座するポーズ。「子はえとの1番目で、令和最初のお正月でもあり、気を引き締める意を込めました」と中村さん。みこの中村麻結さん(23)=同県粕屋町=も「皆さんがすがすがしく新年を迎えられるよう願って作業しています」。

 元号が改まって初めての新年とあって、初詣の人出は例年より増えることが想定される。天満宮は正月三が日の参拝者数を200万人以上と見込んでいる。(南里義則)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

古代史講座

  • 2021年9月22日(水)
  • アクロス福岡 2階セミナー室2

PR