工場内でマグネシウム合金切断中に発火 負傷なし 北九州市の危険物火災

西日本新聞

 福岡県警小倉南署によると、北九州市小倉南区新曽根で28日朝発生した危険物火災は、約1時間半後に消防隊により鎮火した。同署によると、工場内でマグネシウム合金を切断作業中に発火したという。焼損床面積は約6平方メートル。負傷者はいない。

PR

速報 アクセスランキング

PR

注目のテーマ