就職氷河期世代

西日本新聞

 就職難だった1990年代半ばごろから約10年間の「就職氷河期」に大学などを卒業し、非正規雇用で働かざるを得ない人が続出した現在30代半ばから40代半ばごろの世代とされる。バブル経済崩壊後の景気後退で企業が新卒採用を抑制したのが要因。その後の景気回復で正社員となったケースもあるが、非正規雇用の期間が長く、十分な能力を身に付ける機会がなかったため安定した職業に就けていない場合も多い。自信を失い、引きこもりなどになった人もいる。

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ