平野啓一郎 「本心」 連載第82回 第五章 “死の一瞬前”

西日本新聞 文化面

「人間はさ、やっぱり、ほとんどの他人とキスなんかしたくない動物なんだな。街歩いてて、前から来る人間で、年齢性別を問わずに、キスしてもいい人としたくない人、数えていったら、圧倒的に、したくない人の方が多いよ。よっぽど病的な性欲の人間以外は。」

「まァ、それはそうかもしれない。」

「だから、キスできる相手っていうのは、例外的な存在なんだよ。なぜかその相手に対してだけは、嫌悪感が解除される仕組みになってる。」

「……そうなのかな。」

「それで、オレは同性愛差別について、新しい認識を得たんだよ。」

「……。」

「ストレートの男が、パートナーの女の浮気を赦(ゆる)せないのは、間接キスの嫌悪感なんだな。オレの彼女が、どっかで浮気して帰ってくるだろう? それがわかると、オレはどんなに好きでも、もう彼女とはキスしたくないんだよ。だって、その唇には、どっかの知らない野郎のツバがついてるかもしれないんだから。気持ち悪いだろう? もちろん、口だけじゃないし。……だけど――いや、だからかな、オレは彼女が、どっかのかわいい女の子と浮気してきたって言うんだったら、赦せるんだよ。キスだって出来る。三人一緒にってベッドに誘われても、喜んで加わるね。だけど、どっかのオッサンを含めて三人でっていうのは、絶対にイヤなんだ。」

 僕は頷(うなず)いてその話につきあっていたが、少しいつもと様子が違うことに気づいていた。何かあったのだろうか?

「要するに、同性愛者を『気持ち悪い』なんて言う人間は、頭の中で、同性愛者の体と過剰に一体化して、男同士でキスしたりするところを想像するからなんだよ。だから、そういう連中は、誰かがスゴい婆(ばあ)さんとつきあってるって聞いても、やっぱり『気持ち悪い』って言うよ。人の勝手だって、思えないんだよ。これはさ、AVを見てるとわかるんだ。性に関しては、人間は、簡単に他人をアバター化してしまう。オレはさ、中年のオッサンの下半身をじっと見つめてろなんて言われても、まあ、絶対にイヤだね。だけど、AVで女優と絡んでる時には、嬉々(きき)として凝視してるんだよ、それを。その関係性に入り込んで、その男優の体と一体化するから。」

平野氏のメッセージ

私たちの生を、さながら肯定する思想を考え続けています。主人公は、愛する母親を亡くしたあと、仮想現実によって再現された母親と生活することになります。その過程で見えてくる母の本心と、自分の心の変化が主題です。乞うご期待!

平野啓一郎(ひらの・けいいちろう)プロフィール

 1975年、愛知県蒲郡市生まれ、北九州市育ち。東京都在住。京都大在学中の99年、デビュー作「日蝕」で芥川賞。「ある男」(読売文学賞)など。「マチネの終わりに」(渡辺淳一文学賞)は福山雅治さん、石田ゆり子さん共演で映画化され、11月1日に公開予定。

マチネの終わりにの公式サイト

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ