先日、高校野球の取材で…

西日本新聞

 先日、高校野球の取材でお世話になった野球部の監督と再会した。2年前から当時とは別の公立高校で指導しているが、地方の主要大会で半世紀ぶりの優勝に導いたという。就任当初の部員は5人。橋でつながる島だが、全校生徒も定員割れが続いて約100人。それでも近郊から生徒が集まり力をつけた▼監督は前任の私立高校を2度甲子園に導いたが、部員間暴力の引責で職を辞した。日本学生野球協会からも謹慎処分を受けたが、指導者仲間や教え子たちが集めた嘆願書が後押しして4年を経て復帰した▼「指導者も部員の一人」。現監督就任時に語った言葉だ。今は、寮で部員たちと寝食を共にして練習に打ち込んでいるという。優勝するまでには相当な努力があったはずだ。新たな挑戦を応援したい。 (木村知寛)

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ