飯塚5商店街、1日から「永昌会」 初日にマルシェ 移動遊園地も

西日本新聞 筑豊版 田中 早紀

 飯塚市商店街連合会は12月1~5日、1884年から続く年末の大売り出し「第136回永昌会」を同市中心部の新飯塚、本町、東町、吉原町、昭和通りの5商店街で開く。恒例の抽選会では、8日にあるプロ野球・福岡ソフトバンクホークス前監督の秋山幸二さんによるトークショーの観覧券を景品とする。

 今年は初めて、千円の商品を店頭のワゴンに並べる「千縁市」を同時開催。千縁市を含め、各店舗で買い物をすると、抽選会の補助券が購入額500円につき1枚もらえ、10枚集めると1回参加できる。1等は千円札、2等は100円玉と50円玉、3等は10円玉のつかみ取りが「景品」だ。

 初日の1日には飲食や雑貨など、20店舗が出店するマルシェを開催。飯塚市のカフェや窯元、アクセサリー店などが、本町商店街のアーケード内に集まる。

 11月30日、12月1日には同商店街の空き店舗内に、ゴーカートやミニ列車などの「移動遊園地」が登場。1日午後1時半からは、東町商店街で、市内に稽古場と宿舎を設ける二子山部屋の力士たちとの写真撮影・握手会もある。

 これまで永昌会では、期間中にホークス選手らのトークショーを開催。ただ、ファンが殺到するなど警備が課題となっていたため、今年は日程をずらし、定員を設けて行うことにした。秋山前監督のトークショーは8日午後1時から、飯塚市のイイヅカコミュニティセンターで。景品の観覧券は約300枚用意する。

 永昌会に関する問い合わせは、同連合会=0948(29)2110。

   ◇    ◇

 東町商店街内の「ハンドメイドギャラリー福」は1~3日、約20人の作家による猫をモチーフにした手作り雑貨を販売。1日午前10時~午後3時に愛猫の写真を持参すれば、カラー1500円、モノクロ千円で似顔絵を描いてもらえる。 (田中早紀)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ