ハンセン病電話相談、1日受け付け 訴訟弁護団、家族補償法施行で

西日本新聞 社会面

 ハンセン病元患者家族補償法の施行を受け、家族訴訟弁護団は1日、全国一斉に電話相談を受け付ける。弁護団は「補償の内容や自身が対象かどうかなど、気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。

 補償法は11月22日に施行。国の強制隔離政策によって生じた精神的苦痛への補償として、元患者の親や子、配偶者には180万円、きょうだいや元患者と同居経験のある孫などには130万円を支給する。

 電話相談は、九州では午前10時~午後6時に九州合同法律事務所(福岡市)で受け付ける。同事務所=092(641)2007。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ