郵便局員に言われるがまま…

西日本新聞

 「郵便局員に言われるがままに契約してしまった。お金を返してほしい」。かんぽ生命保険が不正な販売がなかったか全契約調査を進める中、顧客から調査への不満の声が寄せられている。中には、泣きながら悔しさを訴える人もいる▼保険営業では、不正があったかどうかの判断は難しい。いずれのケースでも契約書類は整っており、後になって顧客が「納得できない」と申し立てても、担当局員が「適切に説明した」と主張すれば水掛け論になってしまうからだ▼一連の問題発覚後、日本郵政グループは「お客さま本位」を「真のお客さま本位」と言い換えるようになった。日本郵政社長は記者会見で「最後の1円まで不利益を解消する」とも約束した。その言葉通り、顧客が納得できる誠実な調査を求めたい。(宮崎拓朗)

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ