熊本城ホールが全面開業 にぎわい創出の「核」期待

西日本新聞 熊本版 古川 努

 大型コンベンション施設「熊本城ホール」(熊本市中央区)のメインホールが1日開業し、全館がグランドオープンした。約2300人収容のメインホールはシンガー・ソングライター山下達郎さんのコンサートで「こけら落とし」。多目的ホールでは熊本出身のタレント、コロッケさんらの公演もあった。

 大型商業施設「サクラマチ クマモト」やバスターミナル、ホテルなどと一体となった桜町再開発ビルの目玉の一つ。展示場や多目的ホール、大小19の会議室を備え、全館で3千人規模の会議も開催可能という。延べ床面積約3万平方メートル。総事業費約303億円。

 10月に展示場や多目的ホール、会議室を部分開業し、既にコンサートや学会を開催。12月には熊本出身の島津亜矢さんや森高千里さん、八代亜紀さんらの公演もあり、にぎわい創出の「核」として期待されている。(古川努)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ