冬の直方、熱い声援 大相撲もち吉場所

西日本新聞 ふくおか版 座親 伸吾

 大相撲冬巡業の「直方もち吉場所」が1日、直方市体育館で行われ、市内外から約3500人のファンが詰めかけた。米菓製造・販売のもち吉(同市)が勧進元で、今年で10回目。十両や幕内力士の取り組みがあり、県内出身力士が登場すると大きな声援が送られた。

 土俵は、朝の稽古から公開。相撲甚句ややぐら太鼓も披露された。横綱白鵬や鶴竜が登場すると小学生らの声援で会場が沸いた。第10回を記念して直方市出身の浅香山親方(元大関魁皇)から、もち吉の代表者に花束の贈呈があった。

 直方場所は2回目という契約社員、森山晃成さん(24)=春日市=は「11月の九州場所にも行ったけれど、直方は地域密着という感じで力士との距離が近いのが良い」と話した。

 冬巡業は今後、熊本県人吉市(4日)や福岡県うきは市(5日)などで行われる。 (座親伸吾)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ