『江戸のくらしとリサイクル』 宮田章司 文 (絵本塾出版1980円)

西日本新聞 こども面

 ●「呼び声」でタイムスリップ


 江戸時代は生産された品物をむだなく使い、再利用していました。この本では「回収する」「修理する」などの呼び声を集め、リサイクル都市だった「江戸のくらし」を紹介します。くずを細かく分別する人、修理する人など、それをささえる人々の声がとびかう江戸には人生を楽しみ、たくましく生きる知恵があふれています。

 ★小学校中学年~高学年向き

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ