「六つ子」キャベツ・巨大ブロッコリー収穫 日田市の穴見さん 

西日本新聞 大分・日田玖珠版 杉野 斗志彦

 日田市日ノ隈町の穴見幹男さん(71)方の家庭菜園で、“六つ子”のキャベツが見つかった。穴見さんは「キャベツは40年くらい作っているがこんなのは初めてだ」と驚いている。

 穴見さんは3・5アールで自家用野菜を栽培。今はキャベツのほか、ハクサイや大根、ニンジンなど約20種類を育てている。六つ子のキャベツは9月上旬に苗を植えたもので、直径はそれぞれ8~15センチ。1本の茎から花びらのように実っている。

 昨秋は重さ4キロの巨大なサツマイモを収穫した穴見さん。今年もキャベツのそばで直径29センチの大きなブロッコリーが実っており、「毎年、どんなものができるか楽しみだ」と話していた。 (杉野斗志彦)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ