ワンコイン立ち飲みいかが 6、7日黒崎駅前 大学生が企画

西日本新聞 北九州版 西山 忠宏

 八幡西区のJR黒崎駅前ペデストリアンデッキで6、7両日の午後5~10時、ワンコインでお酒が楽しめる立ち飲みエリアが登場する。駅前で屋台を使った飲食イベントを展開する地元の異業種団体「チームストーリー」(時松順代表)のメンバーで九州国際大4年の宮田誠さん(21)が企画。「イベントがやりたくて時松代表からやり方を2年間学び、ようやく実施にこぎつけた。大勢の人に利用してもらえれば」と話す。

 「『ワンコイン』から始まる仕事終わりの立ち飲み屋」とのうたい文句で来場を呼び掛ける。当日はテントを使った10店が並び、ウイスキーのハイボール、赤ワインのホット、梅酒、日本酒、生ビールなどを1杯500円以内で販売。カレー風味のフライドポテト、たこ焼き、地鶏の炭火焼き、韓国風甘辛唐揚げなどのおつまみも基本的に500~600円で提供。会場には立ち飲みのためのテーブルを用意。椅子席もある。

 宮田さんは「卒業後は海外を旅して見聞を広める予定。将来は古里の宮崎県串間市に戻り地域を元気にする仕事をしたい。今回の経験も生かしたい」と語る。

 同デッキは民間イベントに公道を開放する国家戦略特区に認定されており、今回のイベントは特区事業の一つとして実施される。 (西山忠宏)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ