難病拠点病院に九大 早期診断に相談窓口新設 福岡県内で初

西日本新聞 九州+ 前田 倫之

 九州大病院(福岡市東区)が難病患者への対応を円滑に進める「難病診療連携拠点病院」に福岡県内で初めて指定され、難病の疑いがある人を含めた患者の相談に応じる窓口を2日に新設した。

 国は昨年、都道府県に対して難病の拠点病院を指定するよう通知している。指定は1日付。

 相談窓口は未診断・未指定難病相談支援センター。難病が疑われながら診断がつかない患者らの相談を受け付け、早期に適切な診断ができるよう専門医がいる医療機関を紹介する。難病の要件を満たしつつも指定難病(331疾患)対象にはならない患者からの申し出にも対応し、国に連絡する。

 専任の看護師1人が平日の午前10時から午後4時まで電話などで相談を受け付ける。センター=092(642)4864。 (前田倫之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ