丸刈り強制で熊本県を提訴 県立済々黌高の元生徒「精神的苦痛」

西日本新聞 熊本版 綾部 庸介

 熊本県立済々黌高の部活動で強制的に丸刈りにされるなどして精神的苦痛を受けたとして、同校の元男子生徒が県に損害賠償を求めて熊本地裁に提訴した。第1回口頭弁論が2日あり、県側は請求棄却を求めた。

 訴状などによると、元生徒は2017年4月に入学後、ソフトテニス部に所属。同校には、応援部の指導で新入生に校歌を歌わせる「シメ」と呼ばれる伝統があり、ソフトテニス部でも練習終了後、上級生から「シメ」と称して丸刈りにされたという。元生徒は丸刈りなどをきっかけに同年6月から不登校になり、翌年5月に退学。県がシメ行為を黙認するなど安全配慮義務を怠ったことによって精神的苦痛を受けたとしている。

 元生徒の母親は「県教委や学校は、シメ行為に無関心と感じる。子どもへの影響を考えてほしい」と話した。県教委は「そのような伝統があったかを含め、学校に確認中」とコメントしている。(綾部庸介)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ