阿蘇神社の古文書9点複製 熊本市の複写機会社 紙質まで忠実に再現

西日本新聞 熊本版 佐藤 倫之

 複写機製造販売の富士ゼロックス熊本(熊本市)は、阿蘇神社(阿蘇市)に伝わる古文書9点を最新デジタル技術を使って複製し、阿蘇惟邑(これくに)宮司に寄贈した。

 複製された古文書は鎌倉-南北朝時代のもので、後醍醐天皇の側近が当時の大宮司に送った綸旨(りんじ=天皇の命を伝える文書)など。鎌倉幕府倒幕の功が認められ、阿蘇氏が支配力を強めていった歴史などを物語る。

 富士ゼロックスでは10年ほど前から、伝統文化継承に向けた社会貢献活動の一環として、各地の古文書の複製に取り組んでいる。京都の和紙を使い、熊本地震後の3年ほど前から試作を重ねた。古文書の手触りやくすみ、火事で一部が焼け焦げた跡まで忠実に再現されている。

 各古文書の原本は現在、県立美術館(熊本市)に寄託、保管されている。神社は、11月29日に寄贈された複写文書を宝物庫に保管し、研究や教育に役立てるという。 (佐藤倫之)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ