NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」で会津藩主役を演じた俳優の柏原収史さんは

西日本新聞 社会面 重村 誠志

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」で会津藩主役を演じた俳優の柏原収史さんは、年間60日ほどを福岡市で暮らす。同市を拠点に活動する女性エンターテインメントグループの芝居の演出などが目的だ。

 「福岡が大好き」と語る柏原さんは令和初日の5月1日、東京・浅草に7坪ほどの小さなスイーツ店「浅草苺(いちご)座」を開店した。東日本大震災の被災地支援を通じて知り合った宮城県山元町のイチゴ生産者たちと共同で、「特産復興ののろしを上げよう」と5年をかけて実現した。「店を、被災地へ思いを寄せてもらう道しるべにしたい」と話し、福岡出店も目標だという。

 阪神や東日本の大震災に限らず、被災者からは「忘却が一番つらい」との声を聞く。歳月の流れの中で、傷が癒えない当事者の存在を、私たちは忘れがちだ。それを防ぐきっかけづくりに懸命な関係者の思いと努力を応援したい。福岡への出店、お待ちしています。 (重村誠志)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ