教諭「商品券換金し飲食」 福岡県立高入試汚職 校長に推薦進言、影響自覚 

西日本新聞 社会面 森 亮輔

 福岡県立八幡南高のスポーツ推薦入試を巡る汚職事件で、受託収賄容疑で県警に逮捕された高校教諭の本田竜大(りゅうた)容疑者(40)は、贈賄側の受験生の父親から賄賂として受け取った商品券10万円分について「換金してお小遣いにして、飲食代に使った」と供述していることが3日、捜査関係者への取材で分かった。

 サッカー部顧問を務めていた本田容疑者は「自分が欲しい受験生を(顧問枠として)校長に進言でき、入試に一定の影響力があった」と話す一方、入試の公平性をゆがめたことについて「いけないことをした。反省している」とも供述。県警は入試の合否は校長が決定するものの、本田容疑者が顧問の立場で合否に相当程度影響を与えることができたとみている。

 本田容疑者は、八幡南高でサッカー部顧問を務めていた2015年8月中旬ごろ、推薦入学を希望する受験生の父親(時効成立)から、入試の顧問枠での推薦を依頼され2万数千円の飲食接待を受けた。合格後の16年3月下旬にも同様の接待を受け、百貨店共通の商品券10万円分を受領した疑いが持たれている。

 県警によると、推薦入学の募集人員は53人(16年度)。学業と部活動の推薦枠がそれぞれあり、部活動の顧問にも一定の推薦枠が与えられていた。

 本田容疑者と父親は面識がなく、県警は父親側から接近を図ったとみている。父親は「受験の相談がある」と本田容疑者を誘い、8月の接待につながった。飲食の場で「息子が八幡南高のサッカー部に入りたがっている。推薦をしてほしい」と便宜を図るよう依頼、支払いもした。父親は接待の記録を詳細に付けていたという。

 県警は3日、県教育委員会高校教育課を家宅捜索し、16年度の県立高校入試に関する書類を数点押収した。(森亮輔)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ