「不思議の国のアリス展」開幕

西日本新聞 社会面 藤村 玲子

 英国児童文学の名作「不思議の国のアリス」の魅力を多彩に紹介する「不思議の国のアリス展」(西日本新聞社など主催)が3日、福岡市中央区大濠公園の市美術館で始まった。来年1月19日まで。

 会場には、約150年前に出版された「アリス」の初版本、作者ルイス・キャロルに関する資料、国内外の画家たちが「アリス」の場面を描いた絵画作品など約200点が並ぶ。開会式で、企画制作を担う東映の吉元央(たかし)事業推進部長は「アートやファッションなど、さまざまな表現ジャンルに影響を与えてきた『アリス』の世界を味わってほしい」とあいさつした。

 入場料は一般1400円など。福岡市美術館=092(714)6051。 (藤村玲子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ