中野三敏さん死去 九州大名誉教授 江戸研究第一人者

西日本新聞 夕刊

 日本を代表する近世文学研究者で九州大名誉教授の中野三敏(なかの・みつとし)さんが11月27日午後1時50分、急性肺炎のため東京都の病院で死去した。84歳。葬儀は近親者で済ませた。

 佐賀県武雄市出身。久留米大付設高を卒業し、早稲田大大学院修了。九州大助教授、教授、文学部長などを歴任した。

 滑稽本や洒落(しゃれ)本など江戸期の小説である「戯作(げさく)」研究の第一人者で、体系的な研究が無かった戯作を近世精神史の中に位置づけた。特に江戸前期の伝統的な「雅」と後期の新興的な「俗」の間にあった18世紀文化に光を当て、近代以降の江戸文化観を揺るがした。

 書誌学者、江戸時代の和本収集家としても知られ、長年古書店巡りを続けた。日本人が古典を読めなくなった現状を憂い、「和本リテラシー」向上にも取り組んだ。九大時代の門下生にロバート・キャンベルさんらがいる。

 1981年にサントリー学芸賞、98年に西日本文化賞を受賞。本紙に随筆「一人乗りのタイム・マシーン」(91年)や、交遊録「余語雑抄(よござっしょ)」(2013年)を連載した。16年に文化勲章。同年、福岡市から都内に住まいを移していた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ