ウィーンプレミアムコンサート 世界最高水準の室内楽堪能

西日本新聞 夕刊

 ピアノ独奏は小菅優 2020年4月8日、福岡市・天神のアクロス福岡シンフォニーホール 

  本公演のためにウィーンフィルとウィーン国立歌劇場などのメンバーで特別編成された30人の演奏家「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」による世界最高水準の室内オーケストラが堪能できる。

 福岡ではJ・Sバッハ、ベートーベンの名曲を演奏する。ピアノ協奏曲の独奏は世界的な活動を続ける小菅優。

 チケットは全席指定でS席6500円、A席5500円、B席4000円で発売中。アクロス福岡チケットセンター=092(725)9112=などで。西日本新聞イベントサービス=092(711)5491。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ