読者とつながる報道、「JOD研究会」に全国18地方紙

西日本新聞 黒田 加那

 無料通信アプリLINE(ライン)などを活用して記者が読者と直接つながり、読者の疑問や地域課題の解決を目指す「オンデマンド調査報道(ジャーナリズム・オン・デマンド、JOD)」について考える研究会が3日、福岡市の西日本新聞社で開かれた。

 本紙の「あなたの特命取材班」をはじめ、同様の企画に取り組む全国の報道機関18社から約60人が参加した。本紙の傍示文昭編集局長が「地方紙がつながることで全国紙に負けない力になる」とあいさつ。各社それぞれの取り組みや現状を報告、「記事を通じ読者の議論を喚起できた」「この連携から新聞ジャーナリズムの未来を切り開きたい」と意見を交わした。(黒田加那)

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ