【やさしい日本語】発電所(はつでんしょ)で じこ が おきた とき を かんがえて れんしゅう した

西日本新聞

佐賀(さが) (けん)   玄海(げんかい) (ちょう) には、原子力(げんしりょく) (nuclear power)を  使(つか) う  発電(はつでん) (しょ) が  あります。

発電(はつでん) (しょ) は、電気(でんき) を  (つく) るところです。

原子力発電所(げんしりょくはつでんしょ) で  事故(じこ) が  おきると、(こま) ることが  たくさん  あります。

事故(じこ) が  () きた(とき) を  (かんが) えて、発電(はつでん) (しょ) の  (まわ) りに  () む  (ひと) たちが  練習(れんしゅう) をしました。

佐賀(さが) (けん) と  福岡(ふくおか) (けん) と  長崎県(ながさきけん) の、39000(にん) ぐらいが  参加(さんか) しました。

() げるときは、バスや  ヘリコプターを  使(つか) いました。

佐賀(さが) (けん) では、外国人(がいこくじん) のために  英語(えいご) で「() げてください」と  お(ねが) いする  メールも  (おく) りました。

練習(れんしゅう) では  失敗(しっぱい) も  ありました。  佐賀(さが) (けん) の  知事(ちじ) は「() を  () けてください」と  注意(ちゅうい) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ