祖父がパソコンに熱中…

西日本新聞

 以前、祖父がパソコンに熱中した時期がある。祖母が高齢者施設に入り、1人暮らしで話し相手がいなくなったためか、着信した迷惑メールに片っ端から返信。現金を振り込む寸前で、母が気付いた▼「カードすり替え型窃盗」の被害が急増していると先日記事にした。「カードの封印作業が必要」と被害者宅に警察官などをかたり電話をかける。通話中に「受け子」が登場。被害者に印鑑を取りに行かせる隙にカードの入った封筒をすり替える-。よく練られた手口だ▼初めの電話を不審に思えば被害は防げるはずだが、1人暮らしだとそれが難しいのかもしれない。「その電話はおかしいよ」。一番の対策は指摘する人が身近にいることなのだが、そうした存在がいない高齢者が多いことに問題の根深さがある。(古川大二)

 

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ