工藤会幹部ら逮捕発表 計5人 港湾利権狙い女性襲撃か 福岡県警

西日本新聞 社会面

 2014年7月、北九州市八幡西区のマンション駐車場で会社員の女性が刺された事件で、福岡県警は5日、傷害の疑いで、特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の前会長代行で同会系組長、本田三秀容疑者(63)ら5人を逮捕したと発表した。複数の捜査関係者によると、本田容疑者が事件発生の時間帯を含め、現場にいたとみられる他の容疑者と携帯電話で複数回やりとりしていたことが分かった。県警は、本田容疑者が「指揮役」として今回の事件に関与した可能性が高いとみている。

 他に逮捕されたのは、無職守永竜二(50)、ともに同会系組幹部山元信二(60)、田渕伸行(47)、同会系組員宮本光陽(39)の4容疑者。

 逮捕容疑は共謀し、14年7月25日夜、同区折尾のマンション駐車場で、帰宅中の女性会社員=事件当時(48)=を刃物のような凶器で襲い、全治約2週間のけがをさせた疑い。県警は容疑者の認否を明らかにしていない。

 現場から白い車で逃走する2人組が目撃され、犯行に使われたとみられる車を盗んだなどとして、窃盗罪で工藤会系組長らが起訴されている。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ