小学生のころ、やんちゃな同級生の間であるいたずらがはやった…

西日本新聞 オピニオン面

 小学生のころ、やんちゃな同級生の間であるいたずらがはやった。他人の家の呼び鈴を鳴らし、走って逃げるのである。出てきた家の人が首をひねるのを見てくすくす。近頃は「ピンポンダッシュ」と呼ばれるそうだ

▼彼らはスリルを楽しみ、ささやかな冒険心を満たしていた。小心者の筆者は参加も止めることもできなかったが、今思えば迷惑極まりない話。親にばれ、お尻をひっぱたかれて反省し、べそをかきながら謝りに行ったと聞いた

▼こちらもスリルを求めたのだろうが、いたずらの範囲を超えて犯罪に。うその110番で警察官を出動させたとして福岡市西区の少年3人が書類送検された。また、同区で少年3人が警察官に「遊ぼうや」などと呼び掛け業務を妨げたとして家裁に送致された

▼警察から逃げ回る“遊び”は「ハイパーゲーム」と呼ばれるそうだ。動画サイトから少年らに広まって、うその110番が相次いでいる

▼事件を報じた4日付の朝刊を見て、子どものしつけが大切だと感じた人もいよう。同じ日の別の面には、しつけに関するニュース。虐待防止のため体罰の定義を厚生労働省が示した。子の心身に苦痛を与えれば、しつけではなく体罰-と

▼顔をたたくのはもちろん、長時間の正座やご飯抜き、お尻ペンペンも駄目。やんちゃな子に言ってきかせ、ほめて育てるのは大変だろうが、親も一緒に成長できると思って努力したい。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ