妊娠11週、医師の言葉に「頭が真っ白になった」 出生前診断に悩む親

西日本新聞 くらし面 新西 ましほ

支援に取り組む団体も

 おなかの中にいる赤ちゃんに病気や障害が分かったら-。「出生前診断」への関心が高まる中、検査を受ける人や妊娠を続けるか悩む人たちの支援に取り組んでいる団体がある。千葉市のNPO法人「親子の未来を支える会」。検査前後にネットで相談できるサービス「ゆりかご」を運営し、支援情報をまとめた小冊子を先月から無料で配布している。

 都内に住む真紀さん(32)=仮名=は2年前、妊婦健診の際に医師から突然「胎児の首の後ろにあるむくみ(NT)が通常より厚く、染色体異常の可能性がある」と告げられた。妊娠11週。「まさか、と頭が真っ白になった」。2週間後に絨毛(じゅうもう)検査を受け、赤ちゃんはダウン症と診断された。

 検査前は「陽性なら諦めよう」と夫婦で決めていた。だが、いざ決断を迫られると「何とか産めないか」と心が揺れ、意見の変わらない夫と激しい口論になった。「産んで養子に出すことや離婚して一人で育てることも考えた。どうしたらいいのか、本当に分からなかった」

 そんなとき、支えになったのが「ゆりかご」だった。医師や障害のある子を育てる親、悩んだ末に中絶を選んだ親たちとつながり、情報や体験を聞けた。「みんなどちらの決断をしても応援するよと言ってくれて。批判されないことで安心して相談できた」

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ