覚せい剤取締法違反 「違法な捜査」一部無罪判決 熊本地裁

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた女(41)の判決で、熊本地裁は6日、「捜索するまで、女を職務質問した現場から移動させなかった行為などが違法」として、所持については無罪とした上で、懲役2年2月(求刑懲役3年)を言い渡した。

 鈴木悠裁判官は判決理由で、女を移動させなかったことについて「令状主義や司法を軽視している」と指摘。女の車からは覚醒剤が見つかったが「任意捜査として相当でなかった」と判断し、証拠能力を認めなかった。逮捕後に尿から覚醒剤反応が出たことには「密接な関連性がない」として証拠採用し、覚醒剤を使用したと認定した。

 判決では、女は2月、熊本市の駐車場で警察官から職務質問を受け、同法違反容疑で捜索が行われるまで約5時間、自身の車に捜査車両を横付けされるなど、現場からの移動を抑制されたとした。

 女の代理人弁護士は「本人と話して今後の対応を決めたい」と話した。熊本地検は「判決を確認し適切に対応する」とコメントした。(綾部庸介)

熊本県の天気予報

PR

PR