お歳暮用クルマエビ 出荷本格化 五島・久賀島

西日本新聞 長崎・佐世保版

 五島市久賀島のクルマエビ養殖「拓水五島事業場」で、お歳暮用のクルマエビの出荷が本格化している。

 島沿岸の養殖場で育てられたエビは、7月中旬から出荷が始まり、12月は年間出荷量の3分の1を占めてピークを迎える。今年は年36トン、約160万匹の出荷見込みで、12月末には一日あたり1トンに上るという。

 今年は夏場の雨の影響で水温が上がらず、身が締まって大ぶりなのが特徴。大きいもので24センチほどある。

 6日は夜明け前から、従業員たちが水揚げしたエビをコンテナで作業場に搬入。エビを生きたまま大きさごとに選別し、箱詰めする作業が行われた。全国に出荷されるという。

 谷合啓介場長(33)は「塩焼きやエビフライにすると特においしいです」と話した。(野田範子)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ