『五代目圓楽と「星の王子さま」』 三遊亭栄楽 著 (彩流社・2200円)

西日本新聞 文化面

 5代目三遊亭圓楽(1933~2009)といえば、「笑点」の司会でお茶の間にもなじみの落語家。福岡県出身の著者は高校生のとき、たまたまテレビで見た圓楽の「阿武松」にくぎ付けとなり、大学で神職の資格を得た後、入門。内弟子として長く圓楽のそばで過ごした。入門直後「これを仕立て直しなさい」ともらった師匠のお古の着物が実は新品だったりと、味のあるエピソードがテンポよく語られる。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ