サンジ像除幕式にファン集合 益城町民がおもてなし

 益城町で7日に開催された、漫画「ONE PIECE(ワンピース)」のサンジ像の除幕式には、多くのファンが詰め掛けた。地元の人たちが吹奏楽の演奏や料理で歓迎し、西村博則町長は「サンジ像をきっかけに益城の魅力を伝え、実際に来てもらいたい。たくさん写真を撮って楽しんで」と呼び掛けた。

 町立広安西小吹奏楽部の児童たちは、アニメのワンピースの初代オープニングテーマ曲「ウィーアー!」などを披露。保護者は、演奏に合わせて登場人物の姿でダンスを披露した。婦人会や企業は、町で採れたサツマイモのスープやイチゴを振る舞った。

 近くに住む会社員の増田裕美さん(36)は「日本だけでなく世界にファンがいる漫画。地元がゆかりある場所になるのは光栄」。長男の優生君(9)も「好きなキャラクターが近くにいてうれしい。みんなに知ってほしい」と話した。

 ルフィの仲間8体の銅像は、熊本地震の復興を後押ししようと来年度までに県内各地に設置される。8日は阿蘇市で狙撃手「ウソップ」の像の除幕式がある。 (壇知里)

熊本県の天気予報

PR

PR