【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】対テロ15年…苦難の民

西日本新聞 一面国際面

 巨万を費やした「アフガニスタン復興」の結末を語るのは気が進まない。依然として飢餓と干ばつは収まらず、「国民の3分の1の760万人が飢餓状態」(世界食糧計画=WFP)といわれる。

 この実態は知られていない。命がけの「初の大統領選」も裏切られた人々は、戦争や政情を報じる「情報社会」をもう信じない。活動地のナンガラハル州では、既に3分の2が「イスラム国(IS)」の支配下にあるという。彼らと対立する理由はないが、その勢力図が飢餓地帯と完全に一致することは明記しておく。

 人々はあからさまに言う。「白旗(タリバン)の月給が5千アフガニ(1万円)、黒旗(IS)は450ドル(5万円)。おまけに黒旗の装備は大国の新式のもの。まともに逆らえない」

 思想よりも生き延びる手段の問題である。だがその実態も熟知している。

 「情報操作で恐怖を煽(あお)り、豊富な武装力と資金で勢力を張る。破壊には手段を選ばない。やり方はこれまでの米軍と寸分たがわない」。そしてこう付け加える。「まっぴらだ。誰が来ようと同じことだ。私たちの生活は変わらない」

 これが対テロ戦争15年後の住民の真情である。傭兵(ようへい)となって糧を得、身内を失って泣き、転身と敵対を重ねて生き抜く。不敵なたくましさ、いや、矛盾した苦衷を私は笑わない。戦で犠牲になるのは、このような人々だからだ。

 

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ