【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】洪水が村も稲も奪った

西日本新聞 一面国際面

 今夏、アフガニスタンのクナール川、カブール川の洪水は、過去のどの年よりも大規模だった。6月初旬から7月下旬にかけて波状的に来襲。アフガン東部で猛威を振るった。

 原因は遅い降雪と気温上昇だ。晩冬の降雪は解けやすく、春先から初夏に一挙に河川をあふれさせる。今年の降雪は遅く、2月下旬の春先。4月には水かさが上がり始め、5月に両川は真夏のレベルに達した。

 第1波は6月初旬。PMS(平和医療団)の取水堰(ぜき)があるベスード郡対岸、ジャララバード市が浸水。断続的に襲われ、8月初旬まで長期の洪水となった。異常な高気温が続き大規模な積乱雲が発生。雪解けと重なって集中豪雨をもたらした。サロビという谷で一つの村落が丸ごと壊滅。数百名が濁流にのまれた。

 主幹水路がことごとく寸断され、広範な地域で灌漑(かんがい)できず、ナンガラハル州南部の水稲が全滅した。治安悪化で救援団体が引き揚げ、灌漑局は窮地に陥っていた。兵士、警官があふれていても人々の生活を守る実動部隊がいないのだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ