【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】広がる 生命の営み

西日本新聞 一面総合面

 ガンベリの森は静寂が支配している。樹間をくぐる心地よい風がそよぎ、小鳥がさえずる。高さ10メートルに及ぶ紅柳が緑陰をつくり、過酷な熱風と砂嵐を和らげて生命の営みをさらに広げる。騒々しいアフガン情勢とはまるで別世界だ。

 マルワリード用水路沿いの砂防林は今、広大な地域の開墾を可能にしようとしている。幅数百メートル、長さ5キロに及ぶ植林は防風林だけで30万本。ここはもう砂漠ではない。

 里を見れば豊かな田畑が広がり、みな農作業で忙しい。用水路流域は既に15万人が帰農し、生活は安定に向かっている。それは座して得られたものではない。生き延びようとする意欲と良心的協力が結び合い、猛烈な努力で結実したのだ。

   ◇   ◇

 用水路は建設以上に保全が重要である。東部アフガンの農村は自治性が強い。「平和医療団日本」(PMS)ではガンベリに開拓村を置いた。10年間従事した200人の作業員、職員に自活の道を与え、培ってきた技術を世代から世代へ伝える方針をとった。

 開墾のカギは4年前から進めた砂防林造成と、用水路への送水量安定だった。開拓も植林も水あってこそ。特に冬季、用水路末端にあるガンベリ砂漠とシギ村の開墾は、水量不足で鈍りがちだった。予想を超える農民が帰還して耕地を広げ、大量の送水を余儀なくされた上、2010年の大洪水で取水堰(ぜき)が機能を失った。取水口から25キロの末端にあるガンベリ砂漠は、川の水位が下がるとたちまち渇水に陥った。

 しかし、対岸カシコート側からの工事がなければ、堰の復旧は不可能だった。水利工事をめぐり、しばしばわれわれと衝突を繰り返してきた地域だ。マルワリード用水路流域の再砂漠化は悪夢で、片時も心休める暇はなかった。この重圧は事の重大さを知る者にしか分からない。数十万人が再び路頭に迷って都市にあふれたらどうなるか。無政府状態の中でかろうじて維持されている農村秩序が水争いで崩壊すれば、修羅場となる。敵も味方もない。過去最悪の治安状態にあって、各村自治会と地方行政が一体となりPMSに協力して作業が進められた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ