第44期天元戦五番勝負 第3局 11月23日(金)

井山裕太天元 対 山下敬吾九段

佐賀県鹿島市「祐徳稲荷神社」

特設ページへ

囲碁・天元戦第4局がスタート 大ナダレ定石に進む

西日本新聞

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第4局が9日午前9時、兵庫県洲本市のホテルニューアワジで始まった。

 許の2勝1敗で迎えた第4局。天元初挑戦の許がタイトルを奪取するのか、かど番の井山が踏ん張り、決着を最終局に持ち越すのか。

 定刻となり、立会人の円田秀樹九段の合図で、黒番の井山が第1着を右上隅小目(17四)に打った。

 互いに2隅ずつ占めると、井山は黒11(11三)と上辺に割り打ち、黒17(13七)と右上の白に圧力をかけた。許は動じた様子も見せず、白18(16十五)と右下にカカる。以下、最近では珍しい大ナダレ定石に進んだ。

 円田九段は「ここまで井山天元が積極的に打っている印象。激しくなりそうな気配だ」と話した。

 持ち時間は各3時間で、同日中には決着する見通し。対局の模様は西日本新聞ホームページでも速報している。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ