【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】10年越し緑の大地へ

西日本新聞 一面総合面

 2012年12月初旬、われわれはこれまでになく緊張していた。クナール川沿いで朝から濃霧が立ち込め、数メートル先も見えない。ミルク色の闇の中で、轟々(ごうごう)たる河の流れと作業員たちのシャベルの音が聞こえ、ダンプカーのライトが唐突に視界に入る。

 作業はのるかそるかの局面に入っていた。一日の作業の遅れが致命的な結果になるかもしれない。カシコート=マルワリード連続堰(ぜき)は、平和医療団日本(PMS)の掲げる「緑の大地計画」の頂点ともいうべき工事である。過去10年の切磋琢磨(せっさたくま)は、このために準備されたと言っても誇張ではなかった。だが人身事故が起きれば…。「作業中止!」という言葉が喉元から出かかった瞬間、霧の中から出てきた作業員が「晴れます」と、断ずるように述べた。

 待つこと1時間、果たして川面が見え始め、ベールをはぐように山々が現れ、澄み切った青空となった。天佑(てんゆう)だ。予定通り決行である。

   ■   ■

 PMSは03年に「緑の大地計画」を打ち出し、ジャララバード北部3郡の穀倉地帯の復興を夢見てきた。マルワリード用水路25キロの建設を皮切りに、機能しなくなった取水堰を次々に再生。同地域の村々が安定灌漑(かんがい)に浴した。耕地面積約1万6千ヘクタールの沃野(よくや)の復活、65万農民の生活空間の確保が現実になろうとしている。

 計画の中で、マルワリード用水路対岸のカシコート(約2500ヘクタール)が最も困難な地域だと見なされていた。陸の孤島で、パキスタン領と連続し、モハマンド部族8万家族が居住、事実上完結した独立地帯である。輸送は延々20キロ下流の橋からの悪路に頼る。水利工事をめぐって、しばしばわれわれとも衝突を繰り返してきた。

 わがマルワリード用水路の取水堰は、この地域の協力がなければ、保全が難しい。唯一かつ最善の方法が、堰を共有し、カシコートをも安定灌漑で潤すことであった。それに、このような最貧困地帯こそ、最も重視すべき場所であった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ