【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】命育む水路 次代へ

西日本新聞 一面総合面

 再び河川工事の季節が巡ってきた。大量の重機やダンプカー、数百名の作業員が続々と集結する。荒れ狂う夏の濁流が嘘(うそ)のように、穏やかな清流となった。来春の増水期までに堰(せき)や取水口の基礎工事を終えねばならない。数万人の農民が食えるか否かの瀬戸際だ。これは一つの戦でもある。

 クナール川は、ヒンズークシ山脈東部の支脈を集め、インダス川支流を成す巨大河川だ。茶褐色の荒涼たる山肌、濃紺の天空、点在する村々の緑、高山に輝く白雪-これらの光景は、心の奥深く刻まれ、郷愁にも似た思いを呼び覚ます。

 われわれの打ち出した「緑の大地計画」から10年、大半の時間をこの川辺で過ごしてきた。水の流れは人を欺かない。ここでは、世の喧騒(けんそう)が遠く、人の言葉が余りに貧しい。太古から連綿たる自然の営みに思いを馳(は)せる。

   ■   ■

 平和医療団日本(PMS)は今、過去最大の挑戦に出ようとしている。2年前に開通したマルワリード用水路25キロに沿って、砂漠の開拓と同時に、隣接する地域の取水堰や水路を次々と復活させてきた。その大きな仕上げの段階、対岸カシコート地域の再生である。アフガン東部の三つの郡の安定灌漑(かんがい)が完全に達成されると、耕地面積1万6500ヘクタール、65万の農民の生活が保障される。一大穀倉地帯の復活は、夢にまで見たものであった。

 PMSが大干ばつに遭遇して水利事業に大きく関わりはじめたのが2000年8月、当時アフガン東部は急速に乾燥化が進み、惨状は目を覆うものがあった。廃村が広がり、わがダラエヌール診療所周辺でも、わずか数軒を残して無人の荒野に帰した。大量の流民がパキスタン領のペシャワルやアフガニスタンの首都カブールに逃れた。その数、200万とも300万とも言われた。あれから十余年、無人の荒野が緑の人里に戻り、数十万の人々が帰農し、作業地は最も安定した場所となった。

 待望の「水利組合」も実働し始め、ついに9月10日、第1弾の一斉浚渫(しゅんせつ)が各村の協力で実施された。これは用水路建設以上に画期的なことで、流域農民を結束させ、命綱である用水路を、世代から世代へ引き継ぎ、永続的に守るものである。人々はもはや政治や戦局に興味を示さない。華々しい復興支援の論議をよそに、誰も助ける者がない現実を身にしみて知っているからだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ