【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】筑後川の知恵結ぶ

西日本新聞 一面総合面

 2012年4月21日、東部アフガンの一角、ベスード郡で、不安げに集まった住民たちの間に大きな歓声が上がった。小躍りして叫びだす者もいる。「平和医療団・日本」(PMS)がカブール川に新設した取水口は、すれすれまで濁流が迫ったものの、見事にこれをかわしたからだ。冬の豪雪が急激に解け、前夜から記録的な洪水である。工事がなければ、用水路流域に浸水し、大災害を起こしただろう。水が引いた後、堰(せき)を調べたが、ほとんど影響を受けていなかった。「洪水にも渇水にも耐える取水口!」、われわれは9年越しの悲願を確認した。これによって約二千数百ヘクタールの農村地帯が、渇水と洪水の両者から解放された。

 前後して同郡・湿地帯の護岸3・5キロが完成し、カマ郡では既に二つの取水口と主幹水路が建設され、ほぼ全郡を潤していた。一方、PMSマルワリード用水路沿いでは農民たちが協力して、さらに開墾が進んでいた。対岸のカシコートでは、住民一体で用水路の基礎工事が始まったばかりだった。まぎれもなく、PMS=ペシャワール会の活動は、広大な地域に及び、過去最大規模に達しようとしていた。

   □   □

 東部の中心地・ジャララバード北部の3郡、クズクナール、カマ、ベスードはアフガン屈指の穀倉地帯である。その耕地面積は計1万6500ヘクタール、六十数万の農民が自活し、九州の筑後平野に匹敵する。戦火に抗して進められてきた水利事業は、徐々にこの全域に及び、確実に実を結ぼうとしていた。03年にPMSの「緑の大地計画」が始まったとき、荒漠たる廃村のかなたに、誰がこの豊かな光景を想像しただろうか。苦楽を共にしてきた職員・作業員600名は、全て地元出身者である。戦局や政治がどうなろうと、国際団体が消えようと、大地に張りついて生きねばならない。大詰めを迎えた計画に胸をふくらまし、士気は一挙に高まった。

 この意外な成功のカギは、実は日本の先人たちの手になる取水技術にあった。現地を東に遥(はる)か、筑後川の取水堰に思いを馳(は)せる。PMSが歳月をかけて完成に近づけた経緯を、万感の思いを込めて回想する。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ