【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】暗殺恐れた着工式

西日本新聞 一面総合面

 「明日でわれわれの運命も決まりますな。生きてれば最後の大仕事。何かあれば…神に祈りましょう」

 2月6日、PMS(平和医療団日本)の副院長が「カシコート緑化計画」の着工式の準備完了を伝えて、覚悟を述べた。

 行政の出方が焦点になっていた。アフガン東部の山村は、反政府勢力の出没地帯である。州代表が出席するかどうか。来れば、暗殺事件が起きるかもしれない。来なければ、行政側との折衝が難航し、事業に影響が出るだろう。

 悲観論が強かったが、官吏の臆病を非難できる状態ではなかった。儀式とはいえ、緊迫した空気が流れていた。「州代表の出欠にかかわらず着工式を敢行」と住民側に伝え、地域自治会とPMSが協力し、万全の警備を取り仕切っていた。州代表の出席を一つの試金石としたのである。

 このカシコート地方は、大河クナールを挟んで、わがマルワリード用水路の対岸にあり、最貧困地域である。近年の干ばつはここにも及び、農地が荒廃し、人口の半分以上がパキスタン側へ難民化した。残る閉鎖的な住民は、河川工事をめぐってわれわれとも対立を繰り返し、この陸の孤島を誰も支援しようとしなかった。

 2010年に起きた大洪水は、とどめを刺すように主な取水口と水路を破壊し、農業生産に壊滅的な打撃を与え、住民をさらに圧迫した。窮した彼らはPMSに復興を依頼、ここに長い対立を解消して和解が成立した。

 対岸の安定なしに、用水路保全は困難だ。それに、このような場所の仕事にこそ、PMSの面目がある。昨年10月の和解は、10年にわたる「緑の大地計画」の仕上げを意味した。くしくも、会場のサルバンドは18年前、PMSのマラリア診療の最終地点である。医療活動から水利事業へ、われわれの軌跡を象徴するものでもあった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ