【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】長老の悲痛な謝罪

 騒然たる人の世をよそに、自然は静かに回る。秋が深まると、クナール川の夏の濁流は、美しい清流となる。荒れ狂った巨竜も、しばし穏やかな表情を見せる。まるで濃紺の天空が溶け、澄んだ水となって地上にこぼれ出したようだ。

 2011年10月2日、マルワリード取水堰(ぜき)の対岸、カシコート地域では、大きな変化が起きていた。長く対立してきた地域の長老たちが顔をそろえ、PMS(平和医療団日本)に過去の非礼をわび、灌漑(かんがい)路の復旧工事を依頼にきたからだ。近年の干ばつに加え、昨年の大洪水で同地域の半分の農地が荒廃し、誰も本気で支援しない現実が背景にあった。

 窮した住民代表たちの話は、命乞いにも似て、悲痛なものがあった。

 「事情はよくご存じのはずです。ここに政府はもはやありません。私たちは戦いに明け暮れる野蛮人になってしまいました。しかし、パキスタンに逃げても戦乱のちまた、逃げ場さえ失い、途方に暮れるだけです」

 「諸君を見捨ててきたわけではない。人を殺す仕事につく村の若者たちを見たまえ。これは危険な身売りだ。これでは、まっとうな暮らしが立つものか。ただ筋というものがある。諸君の紳士的でない応酬も問題だった」

 「おっしゃる通り。武器は解決になりません。協力願えれば身の安全を死守します。以前の事は忘れてください」

 「それで?」

 「PMSがカシコートの回復を行うつもりなのかをお聞きしたいのです」

 拒否するのは簡単だった。だが、ここで彼らの過去を責めてはならない。アフガン農村で長老会全員が顔をそろえて恭順を示すのは、異例のことだ。昨年、住民を扇動してPMSの重機や運転手を拿捕(だほ)した事件があった。これは強訴の一種で、殺意はなかったが、首謀者は恥じて身を隠していた。それほど追い詰められていたのだ。

 数秒間の沈黙が長く思われた。

 「…。やろう。もう戦争も政治も、争い事はたくさんだ。そちらの代表1名を立て、工事方法その他、あとは一任願いたい」

 皆の顔が輝き、どよめきのような歓声が起きた。この無政府状態で他にまともな支援ができると誰も思えない。わらにもすがる気持ちだったろう。かくて和解が成立した。

関連記事

PR

PR