【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】急襲 おびえる実り

 人はあらぬ事態に遭遇して、大きな決断を迫られることがある。7月に始まった駐留外国軍撤退=治安権限移譲の過程で、アフガンは一つの転機を迎えつつある。十数万の兵力で泥沼化した戦は、歯切れの悪い幕を閉じようとしている。転換期の混乱の真っただ中、薄氷を踏む思いで、現地事業は進められている。だが、7月17日に起きた事件は、さすがに心胆を寒からしめた。

 その朝は、ダラエヌール渓谷下流の村から来る職員や作業員がほとんどいなかった。村民数千人、女性や子供、老人が近隣の村々やジャララバードに退避し、村の成人男子だけが固唾(かたず)をのんで派手な戦況を見守っていたのだ。黒煙が村の中心から立ち上り、米軍が物々しく同村を包囲していた。道路が閉鎖されて近づけなかった。

 夕刻までに連絡が取れ始め、次々と報が入ってきた。約30キロ離れた米軍基地から発射されたロケット弾が村の学校を粉砕し、多くの武装勢力メンバーが死亡、村民の一部も巻き込まれたらしい。米兵は多数。ヘリコプターも出動していた。みな家族の安否を確かめながら、作業を継続していたものの、怪情報が入り乱れ、現場は異様な興奮に包まれていた。

 その夜は、先のことを考え、眠れなかった。暗闇は不安を膨張させる。軽率な判断と衝動を戒めながら、まんじりともせず夜明けを待った。

 現地事業が瀬戸際に立っていると思われた。村民たちの蜂起が起きれば、PMS(平和医療団・日本)の全面撤退に発展する事態も予想されたからである。一種の終末を覚悟した。見苦しい最期は遂げたくないものだ。蜂起を黙認してみすみす犠牲を出すのか、後始末はどうするか、日本側への説明、職員たちの処遇、そして何よりもやりかけた事業はどうなるか、次々と暗い想像が湧き出した。

関連記事

PR

PR