【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】戦火の中 大豊作

西日本新聞 一面総合面

 アフガニスタンはかつてなく揺れている。5月上旬の1週間、活動地周辺だけでさまざまなことが起きた。

 20年目を迎えたダラエヌール診療所近辺は、上流と下流の村が対立、混乱に陥った。上流ウェーガルの村民約100人が大挙して谷を下り、下流ブディアライ村を包囲攻撃しようとした。その数日前、わがPMS(平和医療団・日本)が建設したモスク(イスラム教礼拝所)、マドラサ(モスク付属学校)付近で警察官が襲撃されて3人が死亡、うち1人がウェーガル出身者で、襲撃者がブディアライ村方面に逃走したというだけの理由である。

 下流の村からの作業員が多数PMSで働いているが、その日は女性・子供を全員退避させ、応戦態勢をとり、一触即発の事態となった。PMSと協力する勢力が仲介者となり、一応の危機を回避したが、以前には考えられなかったことである。

 それに先だって米軍の派手な実弾演習による威嚇が同地であり、PMSの造った用水路取水口付近で「ISAF(国際治安支援部隊)と武装勢力との戦闘」が日常的になっていた。これもふに落ちない戦闘である。米軍の車列を攻撃するには道路脇の丘陵から弾丸を発射せねばならない。ヘリコプターで容易に発見され得る地形である。同じ地点で連日攻撃が行われるのは、よほどのことがない限り考えられない。

 先日、護岸工事の最後の詰めをしていると、対岸十数キロのかなたで二つの黒煙が上がった。軍用燃料タンク車の爆破で、最近珍しくないが、みなで眺めていると大使館から「安否確認」の携帯電話がかかってきた。「大丈夫です。今見ているところです。爆発は二つ、ジャララバード空港前のようです」と述べると、大使館担当者も慣れていて、「いやあ先生、くれぐれも気をつけて」と、いつもの会話で、あとは日本の震災の話題となった。逆に言えば、それほど日常化しているということだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ