【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】取水堰建設 8年の闘い

西日本新聞 一面総合面

 それはあっけない勝負だった。「おーい、どこまで流れたか」。私が重機を降り、水門にはい上がってくると、水は既に1キロ地点を突破し、とうとうと流れていた。静かだが大きな感慨が込み上げてきた。2011年1月15日、インダス川支流・クナール川沿いの出来事である。

 カマ郡は、アフガニスタン東部のニングラハル州にあり、ジャララバードの北方15キロ、パキスタンと国境を接する。人口30万人、耕地面積7千ヘクタールを擁する東部最大の穀倉地帯で、「カマの収穫高が東部の穀物価格に影響する」といわれる。それが最近、次第に取水が困難になって田畑が荒廃し、一時は人口が半減、最大のアフガン難民を出した地域のひとつである。

 カマには大きな取水口が二つあり、歴代政権の努力にもかかわらず、ことごとく濁流についえた。近年の気候変動に伴い、冬の渇水と夏の洪水が極端になり、従来の取水方式が通用しなくなったからだ。「カマ取水口は絶対に成功しない」という通念が定着していた。夏の洪水時に、一部の地域だけ、辛うじて作付けできる状態だった。

 08年12月、ペシャワール会が支える現地PMS(日本平和医療団)がカマ第一堰(せき)を手がけたのは、大きな挑戦であった。これまで、われわれが最も手を焼いてきたのが取水堰の建設で、09年に開通したマルワリード用水路がいかに大きい事業だと言っても、水が取り込めねば無用の長物だ。聞きしに勝る暴れ川を相手に、8年間にわたる堰の改修を繰り返し、やっと会得した取水技術に支えられた成功だったのである。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ