【アフガンの地で 中村哲医師からの報告】熱砂の中 黙々と作業

西日本新聞 一面総合面

 これは間違いなくひとつの戦闘だ。熱砂は簡単に人を寄せつけない。熱風は時に50度を超える。これを恐れていたのだ。酷暑を避けるために5月完成を期したが、土石流、軍閥や米軍の妨害、補修工事で作業は遅れに遅れた。それでも照りつける陽光と砂嵐を圧して、680名の作業員と12台の重機、30台のダンプカーは黙々と働き続ける。

 ペシャワール会医療サービスの用水路事業は、6年3カ月の歳月と16億円の巨費を投じ、最終地点に達しようとしている。全長24・3キロの水路は、ここガンベリ砂漠を貫きクナール川に戻る。

 完成を目前にさすがに重圧を感じる。誤算は夏将軍をなめていたことだ。半年に及ぶ砂漠の作業。熱射病で倒れる者が続出した。機械が故障し、ダンプの運転手が脱走した。春には「ガンベリ開通」の希望を語り、笑顔が満ちた現場は一転。今や泥沼の行進のようだ。

 この1カ月、みな次第に口数が減った。だがその分、体が動く。私が感じる「重圧」とは少し訳が違う。4・5キロに及ぶ砂漠の現場は、泣いても笑っても地道な作業以外に近道はない。シャベルのひとかき、石積みの1個が百の議論に勝る。論じても仕方ない。「やらなければやられる」という気迫、生き延びようとする意志だけが作業員の支えなのである。

 マルワリード用水路は、その水で暮らす15万人の命綱だ。作業員である近隣農民は工事の成否が何を意味するか知っている。治安当局派遣の警護兵も地元出身農民だから事情に詳しい。ダンプカーを誘導し、運転手の脱走を見張る。こんな現場は他にないらしい。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ