ちゃんぽんで料理甲子園V 大村高家政科の2人

西日本新聞 長崎・佐世保版 山本 敦文

 大村高家政科の岡田瞳子(とうこ)さん(17)と浜川由衣さん(18)がそれぞれオリジナルのちゃんぽんで、全国の高校生が創作レシピを競う「料理甲子園」の1位を獲得した。このほど、同高で2人のレシピを使った調理実習があり、甲子園をダブル制覇した栄養とアイデアたっぷりの味が披露された。

 岡田さんのレシピ名は「みつごちゃんぽん」。卵3個を別々に調理し、かき玉ふうスープと錦糸卵、半熟卵天ぷらを組み合わせた味で、11月にあった「たまごニコニコ料理甲子園」(日本卵業協会など主催)でグランプリに輝いた。

 浜川さんは「Soy milk ちゃんぽん」。豆乳でスープを味付けし、10月に審査があった「豆乳レシピ甲子園」(日本豆乳協会主催)の郷土料理部門で最優秀に選ばれた。

 授業や課題研究で別々にレシピを考案。ちゃんぽんを選んだのは偶然で「具材が多くてアレンジしやすいし、長崎らしい味だから」と2人。今月上旬に行われた調理実習では、家政科の3年生39人が二つのちゃんぽんを作って試食し「スープがまろやか」「いろんな味が楽しめる」などと舌鼓を打った。(山本敦文)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ