重文・楼門のすす払う 武雄温泉で年末の大掃除

西日本新聞 佐賀版 古賀 英毅

 武雄市の武雄温泉で11日、年末恒例の大掃除があり、国重要文化財の楼門ですす払いがあった。

 従業員4人が高さ12・5メートルの楼門の回廊に上り、長さ約3メートルのササを使って、軒下などにたまったすすを払った。8月の記録的大雨で被災した「元湯」の汚れもブラシで落とした。

 大雨や日韓関係悪化の影響もあり、今年の入浴客は例年の34万人程度から落ち込み、28万人程度となる見込み。武雄温泉株式会社の岸川日出男総務課長は「今年はいろいろあったが、大掃除を節目に全てを流し、来年は輝けるように頑張りたい」と話した。

 武雄温泉では元日午前6時に「初湯式」を行い、入浴者におとそをふるまう。 (古賀英毅)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ